読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キラキラニコニコ

キラキラな世界でニコニコ笑っていて

I'm coming

 

 

ネバラン他の曲の感想も書いてるんだけど!

めちゃくそ時間がかかりそうだから、手越先生の問題作「I'm coming」の感想だけ先に書きたい。マジでただの感想!音楽とか詳しくない!フリードマンさんって誰!

 

 

 

 

 

デッデッデ 「AH……」

 

死ぬ………

 

急に殺される……初めて聴いたときはこの時点で1回音楽を止めて、「え?え??なに???」って戸惑いました。いや、どんな雰囲気の歌かっていうのは、事前情報で知ってたけど!歌詞も先に見てたけど!

 

手越くんの高音大好き芸人ですけど、手越くんの低音大好き芸人でもあるし、手越くんの中低音大好き芸人でもあるので、そのセリフの辺りの声で「なに!?」ってなります。

あと元々私は吐息で有名な某宮野真守さんっていう声優さんのファンでもあるので、吐息が死ぬほど大好物です。吐息ってナチュラルに人間が出す音じゃないですか。それをわざと出す、意図を持って出すところがかわいいし好きだしぞわってする。(変質的)

 

 

 

 

Aメロで急にキレイな声が聴こえてきて「んーー↑↑↑↑↑」ってなりますね。まだイけって言われてないのに天に逝く。ディストーションボイスって私には何かわからなくて(笑)、どの声がディストーションボイスなのか見当もついてないんですけど、ほぼずっとディストーションボイスって手越くんが言ってたので、全部ディストーションボイスだと思っています。

 

2番の「どんな不条理な日々だって忘れるくらい抱いてやる」ってところ、すごい上から目線な気がするけど、すんごい優しさ感じて好きです。

 

 

 

 

私はBメロみたいにちょっと言葉遊びというか、言葉と言葉の間をわざと曖昧にして全部繋がっているみたいにするというか、ああいうの好きで。音程も変動が少なくて、そこで一旦落ち着けるタイプのBメロが好きなんですよ。で、そこからサビで一気にぶち抜く、みたいな。だから、このBメロ本当に大好きなんですけど、まあ歌詞がすごいですよね(笑)

 

好きなのは2番の「princessだって」の“プ”をちょっと食って歌うところ!正直、princessって単語ならリズム通りでも歌えると思うんですよ。意図はわからないけど、私は手越くんが英語の発音甘いところが好きなので(笑)、なんとなく「ぷりんcess」って聴こえるここが好きすぎる。英語をメロディに乗せるのって癖が出ると思うんだけど、それが歌い手の癖なのか作り手の癖なのかは知らん(^○^)

 

結論:Bメロはエレクトしてインサート!

 

 

 

 

 

問題のサビですね。

急に「イけ!天までイけ!」って言われる衝撃といったら。直接的すぎィ!でも、そもそも「I'm coming(スラングの方の意味)」って言わせたい歌なんですよね(笑)

あと何故かエロい歌は「果実」って言葉を使いがち。有名な隠語なのかなあ。ちょっと詳しくないんでわからないですけど、何を意味してるかは一応わかっているつもりだ…大人だからな……

 

「狂おしく」と「魅せてくれ」の間のブレスが苦しげで好きです。たぶんブラス入れなくても歌えるはずなのに、そこで吸うってことは「魅せてくれ」の高音をぶち抜くためだと思うと愛しい………1番気持ちいいキーで歌っていいんだよ……

 

 

 

 

 

Addict第2弾みたいな心構えで聴いてたんだけど、方向性は一緒でも言ってることが全然違うことに10回目くらいで気づいて(笑)

 

抱かせてと抱いてやるは全然違った(笑)

 

曲調が激しすぎて一瞬じゃわからないけど、これは相手のために抱いているような気がします。「不条理な日々だって忘れるくらい」とか、「本音吐き出してみろ」とか、優しさが垣間見えるんですよね。そもそも自分がイくことより、相手にイけ!っていう思いの方が優先されてる。極論、別に相手がイかなくたって自分がイければ気持ちいいわけじゃないですか。そうじゃなくて、相手の快楽を優先する手越くん…好き……(自制しろ)

 

 

 

 

 

いや~それにしても

 

抱かせて→サヨナラ→愛してる→もう一度→抱いてやる!イけ!

 

という変遷を辿るとはね!(^○^)

新規びっくりしちゃった!でもやっと悲しくない恋してるみたいで良かったよ!(自己解釈)

 

ライブ楽しみですね……(手越くんが女装して抱かれろ)

 

 

よーし残りの曲も書くぞ~😊😊😊💪

 

 

 

 

おわり